歯科の診察を受ける男性 歯を検査する歯医者

矯正歯科で行われているインプラントやホワイトニング

矯正歯科の女性医師

矯正歯科などで行われているインプラントやホワイトニングの治療ですが、色々な種類の治療方法が存在しており、患者や矯正歯科医がそれぞれに合ったものを選択することが可能です。
矯正歯科で行われるインプラントですが、インプラントを抜けた歯の所に埋め込みそれに人口の歯を取り付ける治療法です。
矯正歯科で行われるこの治療、埋め込むインプラントの形や素材、被せ物となる人口の歯にそれぞれ違いが存在するのです。
インプラントの現在の主流は純チタン製のスクリュータイプのインプラントを埋め込み、セラミック製の人口の歯を取り付けるものです。
噛み合わせの歯が人口であればセラミックで問題ないですが、天然の歯の場合それが弱まっているとセラミックは天然の歯より硬いので削れやすくダメージを背負う可能性もあります。
そういった点においても様々な可能性を見る必要があるのです。
インプラントにしてもスクリュータイプではなく、医師の技量や状況によって凹凸のないシリンダータイプを使用するなど、本当に様々です。
矯正歯科で行われているホワイトニングにも、様々なホワイトニング方法があり患者に合った方法や、希望の方法を選択することが可能です。
矯正歯科で行われているオフィスホワイトニングというものは、基本的にホワイトニング剤を歯に塗布し、光を当てて白くすると言うホワイトニング施術です。
ハロゲンやLED、レーザーなどを当てて白くするのですが、1度の施術で終了という事ではなく希望の白さまで何度か治療を繰り返す方法がほとんどです。
矯正歯科では、光を当てないホワイトニングも行っていますが、その方法に関してもジェル状のホワイトニング剤を塗布して白くするのは一緒です。
ただし、こちらは光を当てる方法に比べて薬剤の濃度を濃くしなければならないので、人によっては知覚過敏になったりする場合もあるため、そういったリスクも含めて相談して施術内容を決める事が大切です。

保険適用診療について

矯正歯科の記念写真

平成24年4月より、一定基準を満たした施設(矯正歯科)で行うインプラント治療が健康保険に適用されることになりました。
その一定基準とは、保健医療機関であること、歯科に5年以上係り3年以上の歯科経験がある医師が2名以上常駐していることなどが挙げられます。
また、病院であることや当直体制が整備されていることなど、まだまだどこの矯正歯科でも保険適用で矯正歯科インプラント治療が行えるという訳ではありません。
ちなみに、矯正歯科インプラント治療が保険適用になる「病院」であることとは、入院出来るベッド数が20床以上の医療施設のことですので、個人の矯正歯科などは病院にあたりません。
まだ現実としては大学病院など大きな医療施設の矯正歯科など、保険適用で歯科インプラント治療を行える機関は少ないと言えます。
更に、どのような矯正歯科インプラント治療が保険適用になる訳ではありません。
一般的な歯周病などで抜歯になった後のインプラント治療には適用になりません。
腫瘍や外傷などで広範囲にあごの骨が無くなってしまった場合など、インプラントしか歯を取り戻す方法がない場合の治療に適用になります。
しかし、現実問題としてインプラント治療を必要とする人は多いため、これから環境が徐々に整備されていくとみられています。
ホワイトニングにも保険適用されているものがあります。
歯科で歯の表面の汚れを落としてもらう方法です。
歯石やプラークを除去することで多少ホワイトニング効果がありますが、それに加えて専用のクリームとブラシを使ってタバコのヤニや茶渋などの沈着した汚れを取ることでホワイトニング効果が現れます。
プラークは普段の歯磨きだけでは落としきれていない場合が多いため、ホワイトニング目的でなくても定期的に歯科で落としてもらうのがおすすめです。
料金はおよそ3000円前後で行うことが出来ます。
この方法は、ホワイトニングだけでなく歯を健康に保つ為にも効果的であるため、最近では歯の定期検診の後に定期的に行うことが推奨されています。
ホワイトニングや矯正は日本国内でもどんどん注目されています。
これから更にホワイトニングやインプラントの認知度が高くなることが予想され保険適用も進められています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930